遺品整理業者に故人の荷物整理を任せる|作業を依頼すれば安心

女性

故人の家財道具の片付け

軍手を付ける人

困ってしまうケースも

福岡では家族や親戚が亡くなった場合、葬式後に遺品整理をすることも多いでしょう。しかし特殊な事情で遺品整理ができない場合もあります。一人暮らしの人は部屋で亡くなってしまうと発見が遅れることがあります。遺体が搬送されても部屋に入ることもできないほどの悪臭がしているケースも多いのです。またこのようなときは部屋自体もかなり汚れています。むやみに部屋に入って細菌やウィルスに感染するおそれもあります。これでは遺品整理をすること自体難しくなります。賃貸住宅の場合は解約して期限までに家財道具を片付けなければなりません。そんな時福岡では遺品整理士に依頼する人が増えています。遺品整理士は認定資格を持った業者で、どのような遺品整理の現場でも対応してくれます。

専門業者に依頼すれば安心

遺品整理士は、まず汚れた布団や畳などを撤去し部屋を清掃し消毒します。これで依頼者や家主などが安全に部屋に入ることができます。その後依頼者の立ち会いのもとで遺品整理を行います。不用品となった家財道具なども撤去します。ときには家族などの立ち会いがない場合もあります。その時は必要と思われるものを残して後で依頼者に渡します。福岡の遺品整理士の中には作業後、部屋のリフォーム工事を請け負うところもあります。遺品整理士は福岡にはたくさんいますが、選ぶには料金設定がはっきりしていることが大切です。追加料金の有無なども調べておきましょう。料金は業者によって違いがあるので複数社から見積もりをとることがおすすめです。